FC2ブログ
一勝九敗のインデックス投資
インデックス投資で金融資産1億円を目指す。


プロフィール

一勝九敗

Author:一勝九敗
30歳からの投資で1億円を目指します。基本はインデックス投資でバイアンドホールド。普段は普通の技術者です。



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



株価情報



お勧め商品!


「ウォール街のランダム・ウォーカー」
こんなに共感した投資本は他にありません。私の投資方法の原点です。


「内藤忍の資産設計塾(実践編)」
アセットアロケーション(資産配分)の仕方、投資すべき商品が具体的に書かれてあってとても分かりやすい。



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2カウンター



楽天ダイナミックアド



ブログ内検索



RSSフィード



注意事項

当ブログの情報により損失を被ったとしても、管理人は責任を負えません。投資判断は自己責任でお願いいたします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一勝九敗はギャンブルではない
このブログのタイトルは「一勝九敗のインデックス投資」です。
「一勝九敗」というと九回損しても一回大もうけすればもとがとれるギャンブル的投機を連想する方もいます。

しかし私の投資方法は、その後に続く「インデックス投資」を中心としたもので、投機的な要素は全く意図していません。

ちなみに一勝九敗はこの本からとりました。

一勝九敗 柳井正


著者の柳井さんはユニクロの社長さんです。ユニクロ株自体にはあまり関心がないのですが(すみません。)、その経営姿勢は非常に共感するところがあり、ブログタイトルに使わせていただいています。

広島の小さな衣料品点から、日本を代表するカジュアル衣料のトップブランドへ成長する過程を描いたもので、いろんな局面で行われた経営判断が、どのような根拠に基づき、またそのときの心境はどんなものだっかが書かれています。

その中で柳井さんは以下のようにおっしゃっています。
「(前略)一直線に成功ということはほとんどありえないと思う。成功の陰には必ず失敗がある。当社のある程度の成功も、一直線に、それも短期間に成功したように思っている人が多いのだが、実態はたぶん一勝九敗程度である。十回やれば九回失敗している。この失敗に蓋をするのではなく、財産ととらえて次に生かすのである。致命的な失敗はしていない。つぶれなかったから今があるのだ。」
(「一勝九敗」より引用)

私の投資方法も、投資時期、投資対象、投資方針などいろんな局面で失敗をするのでしょうが、それであきらめず、しっかり反省して次へ生かしたいと考えてます。
この何回失敗しても(九敗)あきらめず、愚直に続けていくことで最終的な目標を達成したい(一勝)という考え方と本の内容が結構近いと思ってブログタイトルに使わせていただきました。

レバレッジを効かせて一回の大もうけのチャンスを待つという投資ではないので、そういう内容を期待して当ブログへいらっしゃった方にはごめんなさい。

----------------------------------------------------
もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。
banner_01.gif
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。