FC2ブログ
一勝九敗のインデックス投資
インデックス投資で金融資産1億円を目指す。


プロフィール

一勝九敗

Author:一勝九敗
30歳からの投資で1億円を目指します。基本はインデックス投資でバイアンドホールド。普段は普通の技術者です。



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



株価情報



お勧め商品!


「ウォール街のランダム・ウォーカー」
こんなに共感した投資本は他にありません。私の投資方法の原点です。


「内藤忍の資産設計塾(実践編)」
アセットアロケーション(資産配分)の仕方、投資すべき商品が具体的に書かれてあってとても分かりやすい。



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2カウンター



楽天ダイナミックアド



ブログ内検索



RSSフィード



注意事項

当ブログの情報により損失を被ったとしても、管理人は責任を負えません。投資判断は自己責任でお願いいたします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


超火曜日
アメリカの大統領予備選が集中的に行われた2/5はスーパーチューズデーと呼ばれています。
名前の付け方がシンプルというか、アメリカ的というか、
日本語でいうと「すごい火曜日」、もしくは「超火曜日」でしょうか。
日本人的発想では思いつかない呼び方ですね。

最終的に誰が大統領になったとしてもアメリカ経済の建て直しが求められるでしょうから、
その経済的な影響力にも注目したいところです。

ちなみにマケインさんが優勢な共和党は保守派ということですが、
「On Off and Beyond」さん
にアメリカの保守について詳しく書かれていました。
それによるとアメリカの保守とは「市場は市場に任せ、政府は小さく、税金も少なく」という方針のようです。
(ざっくりすぎて間違ってたらすみません)

ヒラリーさんとオバマさんが大接戦の民主党はリベラル派なようですが、
民主党の反対で「市場は国が管理し、政府は大きく、税金は多めで」って感じなのでようか??
だとしたらちょっと怖いです。

スポンサーサイト

こんどはモノラインですか。。。の件
サブプライムローンに関連して今度はモノラインがやばいそうです。

次々と新しい言葉が出てくるとまた新しいリスク?って思っちゃいますが、
本質的な原因は同じもののよう。

保田さんのブログ「ちょーちょーちょーいい感じBLOG」わかりやすく紹介されてました。

海外逃亡すると株価が暴落する件
今海外出張中なんですが、日経平均が二日続落で1400円に近づいてきました。
海外にいるとネット環境もいまいちなので、せっかく下がってもタイムリーに買い増しできないんですよね。

11月にサブプライム懸念で暴落したときも出張中で買い時を逃がしてしまいましたし、
海外にいる間に結構下げちゃうことが多いんです。

次回はそれを見越して買っておくか。


中国株ETFは初日急騰!
大阪証券取引所に10/23上場した上海50指数に連動するETF(中国株ETFとします)が初日急騰したようです。

始値:70,500円
高値:79,300円
終値:77,700円

終値で実に10%以上上昇しています。
ETFなので指数に連動しているんでしょうから、
その日の上海50指数の上昇率は約1.7%↑。

全然連動しとらんやん・・・

ETFは上場投資信託なのですから投資信託と同じように基準値があってそれが時々刻々変わるものだと思ってました。
この上昇率を見ると個別株と同じように、売り手と買い手の需給関係で価格が決まってるようにも見れます。どういう仕組みでETFの値段が決まってるのか勉強不足で知らないんでが、どうなんでしょうか?

いずれにせよ指数に連動しないETFってのは意味ないのでは?

いまさら中国はなんて言って、買いそびれた負け惜しみではないですよー(T_T)
----------------------------------------------------
もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。
banner_01.gif


利率と利回りは違う
投資家の方々には当たり前のことなのかもしれませんが、私は最近始めて知りました。

「利率と利回りは違う」

私はそのときの気分で同じ意味として使ってたのですが、利率と利回りは言葉の意味が違うんですって。驚きました・・・(^^;)

詳しい説明はこちら↓が勉強になります。
「債券投資の計算はちょっと大変?! 利率と利回りの違いって?」

利率は「額面に対する年当たりの利子の割合」
利回りは「債券の所有期間中に受け取る利息と売買などによる差損益との合計額が、投資元本に対して年何%になるのかをみるもの」
だそうです。

利率は元本に対する利息の割合であり、
【100万円を3年で利率2%で運用した場合】を考えてみると、
利率=2%
利回り=(100万*(1+0.02)^3/100万-1)*100/3=2.04%
複利の場合は利率より利回りのほうが大きくなるんです。

これからはきちんと使い分けしないと。
----------------------------------------------------
もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。
banner_01.gif


福田首相誕生ですか
予想通り、福田さんが首相になるようです。

政局の混乱はなさそうなので、マーケットへのインパクトはそれほどないと予想してますが(先日の中国関連株の高騰程度)、個人的には昔の自民党に戻ってしまいそうで、いまいち喜べません。

福田さんもテレビのインタビューでは派閥にこだわらずに人事を決めたいとおっしゃってましたが、今回の派閥勢力の台頭を見ていると先行き暗いです・・・・

ただ福田さんって70歳過ぎてるんですよね。私の周りで70歳すぎて、あんなに頭の回転が早い人っていないですよ。そこはさすがだなと思いました。
----------------------------------------------------
もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。
banner_01.gif


BGIグループが22本のETFを追加投入、日本でETF展開加速
すでにいろんな方のブログで紹介されていますが、バークレイズ・グローバル・インべスターズ・グループ(BGIグループ)が22本のETFを金融庁へ届け出たようです。

追加されるETF
1)債券(9本)
・iシェアーズユーロ社債
・iシェアーズiBoxx米ドル建てハイイールド社債ファンド
・iシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債ファンド
・iシェアーズリーマン1─3年米国国債ファンド
・iシェアーズリーマンMBS固定利付債ファンド
・iシェアーズリーマン7─10年米国国債ファンド
・iシェアーズリーマン20年超米国国債ファンド
・iシェアーズリーマン・クレジット・ボンド・ファンド
・iシェアーズリーマン短期米国国債ファンド
2)グローバル(6本)
・iシェアーズMSCIワールド
・iシェアーズMSCI北米
・iシェアーズMSCIAC極東(除く日本)
・iシェアーズMSCIヨーロッパ
・iシェアーズS&Pヨーロッパ350インデックス・ファンド
・iシェアーズFTSE100
3)新興国(4本)
・iシェアーズFTSEBRIC50
・iシェアーズMSCIトルコ
・iシェアーズMSCIマレーシア・インデックス・ファンド
・iシェアーズS&Pラテンアメリカ40インデックス・ファンド
4)スペシャリティ(3本)
・iシェアーズS&P上場プライベート・エクイティ
・iシェアーズS&Pグローバル・ウォーター
・iシェアーズKLDセレクト・ソーシャル・インデックス・ファンド

私が注目しているのは外国債券のETFたちです。現在私は外国債券クラスの投資先をいろいろ検討しているのですが、これで選択肢が拡がりうれしいです。

ただし、上記のETFはまだ金融庁に届け出されただけですので、証券会社がこれらを販売するかどうかはまだ未定だそうです。

楽天証券あたりが販売してくれないかな。
----------------------------------------------------
もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。
banner_01.gif


ウインブルドン現象
イギリスにはウインブルドン現象という言葉があるそうです。

テニスのウインブルドン大会はイギリスで開催されるのですが、優勝者はほとんど外国人。
イギリスは場所だけ貸して、利益(名誉とか)は外国人に持っていかれてるってことらしいです。

最近はこれが日本の株式市場にも当てはまると言われています。
日本市場で売買している中心は外国人。外国人が買えば価格が上がるし、外国人が売れば下がる。
日本市場も場所だけ貸して、利益は外国人に持っていかれてるってことを言っているのでしょう。

外国人の方々が参加してくれるおかげで、グローバルな金融手法が学べたり、企業へ緊張感を与える効果などメリットはいっぱいあるのでしょうし、私個人としては外国人排斥の意思とかは全然ないのですが、
日本人はだらしない的なことを言われるのは悔しいので、
もっと日本人もがんばりましょう。

インデックスファンドをこつこつ買って。
(これで役に立つのかは・・・ですが)

だってそれしかできないんですもの・・・
----------------------------------------------------
もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。
banner_01.gif


イギリス ノーザン・ロック銀行取り付け騒動
今回もイギリスの話。

私がイギリス出張中、BBCではこの話題で持ちきりでした。

「英住宅金融が資金繰り悪化、預金引き出し殺到で株価急落」

イギリスの第5位の住宅金融大手ノーザン・ロックの資金繰りが悪化して預金者が貯金引き出しに列を作る「取り付け」騒動が発生しています。
どの支店の前にも長蛇の列。5時間以上並んでるって人もざらにいました。

これもどうやらサブプライム問題が原因らしく、同銀行の株価は30%以上も下落したようです。

こんなに騒いじゃったら、預金引き出しに来る人が余計に増えて、さらに経営が悪化しちゃうんじゃないかと心配になるんですが、私の口座がある銀行が同じような状況になったら、きっと私も並ぶんだろうなあ。自分のお金だけはとにかく引き出したいと思って・・・

8月に世界的株安を引き起こしたときのような騒動にはなっていないようですが、今後このようなことが増えてくると、再びサブプライム下落の再燃が懸念されます。

いったいサブプライムっていつ収まるんでしょうか・・・
----------------------------------------------------
もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。
banner_01.gif


安倍首相辞任でマーケットは・・・
今出張でイギリスに来ています。
安倍首相が辞任したっていうニュースは現地で知りました。

やばい、政局混乱で日本株暴落か??!!っと心配したんですが、日経平均はしっかり。14日は大幅上昇じゃないですか。

あんま関係なかったのか、マーケットは折り込み済みだったのか分かりませんが、とりあえずよかったです。

日本にいればニュースや世の中の雰囲気から、ことの重大さが肌感覚で分かるんですが、日本から遠く離れているとよく分からないということを実感しました。
ネットのニュースだけで世の中分かった気になってはだめですね。
----------------------------------------------------
もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。
banner_01.gif





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。