FC2ブログ
一勝九敗のインデックス投資
インデックス投資で金融資産1億円を目指す。


プロフィール

一勝九敗

Author:一勝九敗
30歳からの投資で1億円を目指します。基本はインデックス投資でバイアンドホールド。普段は普通の技術者です。



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



株価情報



お勧め商品!


「ウォール街のランダム・ウォーカー」
こんなに共感した投資本は他にありません。私の投資方法の原点です。


「内藤忍の資産設計塾(実践編)」
アセットアロケーション(資産配分)の仕方、投資すべき商品が具体的に書かれてあってとても分かりやすい。



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2カウンター



楽天ダイナミックアド



ブログ内検索



RSSフィード



注意事項

当ブログの情報により損失を被ったとしても、管理人は責任を負えません。投資判断は自己責任でお願いいたします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マイクロソフトマネー導入
マイクロソフトマネーを導入してみました。

今まで投資の取引履歴や月ごとの収益計算はエクセルで管理していました。それと家計の収支も一緒のエクセルファイルでやっていたので、だんだん入力することが多くなってきて結構大変だなと思っていたんです。

そしたらこのソフトでほとんど同じことができるじゃないですか。とりあえずお試し版でいろいろ試してみます。


ちょっと高いですが導入することにしました。

投資成績についてはインターネットから最新価格をダウンロードして運用実績を計算してくれるのでとても便利です。

ただし、証券会社ごとに持っている銘柄の成績を計算するのでアセットアロケーションごとの成績をうまく表示できません。

もう少し勉強してみます。

----------------------------------------------------
もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。
banner_01.gif

スポンサーサイト

年利6%のアセットアロケーション(リスク編)
前回、年利6%を達成するために必要な資産配分(アセットアロケーション)を決定しましたが、今回はそのアセットアロケーションで起こりうる最大値下がり率はどの程度か計算したいと思います。

今回も「内藤忍の資産設計塾(実践編)」を参考にさせていただきました。

まずはおさらい。前回は
<アセットクラスごとの保有比率>
流動性資産:10%
日本株インデックス:20%
日本株アクティブ:15%
日本債権:5%
外国株インデックス:18%
外国株アクティブ:12%
外国債券:15%
その他:5%

ということにしました。

次に過去のデータから計算したアセットクラスごとの最大値下がり率(年)は以下のようになるようです。
<アセットクラスごとの最大値下がり率(年)>
流動性資産:0
日本株インデックス:-38.5%
日本株アクティブ:-38.5%
日本債権:-3.5%
外国株インデックス:-29.6%
外国株アクティブ:-29.6%
外国債券:-21/9%
その他:0%

株式インデックスと株式アクティブの最大値下がり率が同じであったり、外国株式は先進国も新興国もいっしょくたにしちゃってるなどかなり粗い数字ではありますが、とりあえずおおざっぱに計算しています。

これを先ほどのアセットアロケーションの配分でもった場合の一年間の最大値下がり率は、

-25.8%

にじゅうごてんはち???
そんなにあるの?

たった6%の利回りを目指しているのに、-25.8%値下がりするアセットアロケーションってのもいまいちな気がするな・・・

日本株の比率が高すぎるのが原因かも。

ただ当面はこれでいって、問題あれば随時修正していくこととします。(ただの先送りですが・・・)


もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。
banner_01.gif



年利6%のアセットアロケーション(リターン編)
私の投資目標は年利6%の利回りです。

これを実現するためにはどのような資産配分をしていけばよいでしょうか。

もちろん株式に100%投資すれば6%以上の利回りが得られますが、相場下落局面では大きく損をすることも考えられます。
取りうるリスクとリターンのバランスを考えなければなりません。

まず今回は、年率6%を達成するためには、各資産をどのような割合で保有すべきかを考えたいと思います。

このへんの考え方は「内藤忍の資産設計塾(実践編)」を参考にさせていただきました。(というかほぼパクリです。)

それぞれのアセットクラスごとの期待リターンは

<アセットクラスごとの期待リターン(年率)>
流動性資産:0%
日本株インデックス:6%
日本株アクティブ:9%
日本債権:1%
外国株インデックス:7%
外国株アクティブ:10%
外国債券:4%
その他:4%

です。(数字は年利利回り)

それぞれのアセットクラスに分散投資することでトータルの利回りを6%にするためには、それぞれのアセットクラスを以下のような比率で保有すればよいことになります。

<アセットクラスごとの保有比率>
流動性資産:10%
日本株インデックス:20%
日本株アクティブ:15%
日本債権:5%
外国株インデックス:18%
外国株アクティブ:12%
外国債券:15%
その他:5%

上記の比率で各資産を保有すれば「理論上は」年率6%の利回りが達成できそうです。

他にも取りうる割合はあると思いますが、とりあえずこれで行こうと思います。

この割合で資産を保有した場合の予想リスクについては次回。


もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。
banner_01.gif





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。