FC2ブログ
一勝九敗のインデックス投資
インデックス投資で金融資産1億円を目指す。


プロフィール

一勝九敗

Author:一勝九敗
30歳からの投資で1億円を目指します。基本はインデックス投資でバイアンドホールド。普段は普通の技術者です。



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



株価情報



お勧め商品!


「ウォール街のランダム・ウォーカー」
こんなに共感した投資本は他にありません。私の投資方法の原点です。


「内藤忍の資産設計塾(実践編)」
アセットアロケーション(資産配分)の仕方、投資すべき商品が具体的に書かれてあってとても分かりやすい。



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2カウンター



楽天ダイナミックアド



ブログ内検索



RSSフィード



注意事項

当ブログの情報により損失を被ったとしても、管理人は責任を負えません。投資判断は自己責任でお願いいたします。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


だまされない!投資信託の選び方

だまされない!投資信託の選び方


読みました。
インデックスへの投資を中心とする投資手法についてよくまとまってると思います。
特にETFについて国内、海外ともに具体的な商品名がたくさんあげられていて、非常に参考になりました。
いつも勉強させていただいている
「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」の水瀬さん
「rennyの備忘録」のrennyさん
「NightWalker's Investment」のNightWalkerさん
の鼎談も楽しく読ませていただきました。

「株で○億円儲ける」系の投資本が本屋の目立つところに平積みされていることから、世の中的にはインデックス投資はまだまだマイナーなのかもしれませんが、こういった本が発行されていくことで少しずつインデックス投資も市民権を獲得していくのかも知れませんね。

インデックス投資が有名になるのはいいのですが、気になる点が一つ。
この本のなかで水瀬さんがインデックス投資に関して以下のようにおっしゃってました。
【「だまされない!投資信託の選び方」より引用】
「ただし『効率市場のパラドックス』という問題点はあるのかもしれません。簡単にいうと、
これはインデックス投資はマイナーであるうちだけ有効性が発揮されるということです。みんながみんなインデックス投資を始めてしまったら、優位性が薄れていってしまうということですね。(後略)」
【引用終わり】

インデックス投資が有名になる。
 ↓
インデックス投資をする人が多くなる。
 ↓
アクティブファンドもインデックス(的な)投資をする。
 ↓ 
みんなの投資成績がインデックスと同じようになる。

ということかなと勝手に想像しました。
今までアクティブファンドは手数料は高いけど実際はインデックスファンドに買ってるものは少ないんだよー!と自慢できてたけど、みんなインデックスファンド(的なものに)なってしまったら自慢できなくなっちゃいますね。
でも最初からインデックス投資をしている人のリターンはインデックス連動のままだから変わらないですよね。
それともみんながインデックス投資を始めると、インデックスのリターンが下がってしまうなんてことがあるんでしょうか?
----------------------------------------------------
もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。
banner_01.gif

スポンサーサイト

「新聞没落」(週刊ダイヤモンド)
今回は投資とはまったく関係ありません・・・

今週の週刊ダイヤモンドの特集記事「新聞没落」を読みました。
若者の活字離れによる新聞経営の危機や、新聞宅配モデルの崩壊などによる新聞業界の内情が描かれています。
これをそのまま鵜呑みにすることはできないでしょうが、新聞業界の今後の経営は多難であることが推測できます。

それはさておき、私は大手新聞(A新聞やM新聞)、大手民放のニュース番組などのマスメディアに対しては強い不信感を持っています。
その理由は主に以下の二点です。
①広告主・利益関係者の方を向いた内容が非常に多く、必ずしも事実ではないこともある。
②そのくせ自分たちは公平・公正なメディアであることを主張する。

私が気にしているのは①と②の矛盾です。
つまり真実でない(と思われる)ことを報道しているのに、自分たちは真実であると主張することの矛盾です。

例えばワイドショーやゴシップ系週刊誌であれば、ある程度事実と異なる内容でも、そもそもそういうものだと世間一般で認知されている(と思う)し、自分たちで真実を伝えるメディアであることをそれほど主張していないと思います。

しかし大手の新聞(A新聞やM新聞など)や大手民放のニュース番組では、自分たちは真実を伝えていると主張したり、メディアの公平性を執拗に主張するわりには、その内容がとても事実であるとは思えなかったり、コメンテーターの偏った見解が全国放送の電波に乗って、さも正しいことのように放送されている現実に非常に違和感を覚えます。

以前私の所属する業界に関する報道が盛んに行われていた時期があったのですが、その内容ときたら事実とはまったく異なるものでした。確かに一般の読者はその方が読みたくなるだろうなあと思われる内容でしたが、単なる部数稼ぎにしか思えないものでした。
その件が私のマスコミ不信を決定的なものにしたと、今になっては思います。
(あまり具体的なことが書けず申し訳ありません・・・)

もちろん真実は何かということは非常に難しく、見る角度によって物事にはいろんな真実があります。
だからこそを事実をありのままに伝える努力をするべきだし、スポンサーの機嫌を伺う内容や、部数稼ぎのためにおもしろおかしく書きたてることのおろかさを学んで欲しいと思っています。

もちろんメディアもボランティアではなくビジネスですから、売れてナンボ。こういうビジネスモデルにひっかかる読者や視聴者が悪いということも十分に理解できます。
だとすれば後はもう情報を受け取る我々自身の判断能力を磨くしかないでしょうね。
少なくとも新聞に載ってる情報なら信用できる、テレビで言ってたから正しいなんてことは死んでも思わないように気をつけます。
そういう私も新聞はしっかりとっていますし、テレビのニュースも見ています。でも信じるのは話半分(もしくは1/4)くらいで、あとは自分で考える。これが大事ですね。

----------------------------------------------------
もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。
banner_01.gif


一勝九敗はギャンブルではない
このブログのタイトルは「一勝九敗のインデックス投資」です。
「一勝九敗」というと九回損しても一回大もうけすればもとがとれるギャンブル的投機を連想する方もいます。

しかし私の投資方法は、その後に続く「インデックス投資」を中心としたもので、投機的な要素は全く意図していません。

ちなみに一勝九敗はこの本からとりました。

一勝九敗 柳井正


著者の柳井さんはユニクロの社長さんです。ユニクロ株自体にはあまり関心がないのですが(すみません。)、その経営姿勢は非常に共感するところがあり、ブログタイトルに使わせていただいています。

広島の小さな衣料品点から、日本を代表するカジュアル衣料のトップブランドへ成長する過程を描いたもので、いろんな局面で行われた経営判断が、どのような根拠に基づき、またそのときの心境はどんなものだっかが書かれています。

その中で柳井さんは以下のようにおっしゃっています。
「(前略)一直線に成功ということはほとんどありえないと思う。成功の陰には必ず失敗がある。当社のある程度の成功も、一直線に、それも短期間に成功したように思っている人が多いのだが、実態はたぶん一勝九敗程度である。十回やれば九回失敗している。この失敗に蓋をするのではなく、財産ととらえて次に生かすのである。致命的な失敗はしていない。つぶれなかったから今があるのだ。」
(「一勝九敗」より引用)

私の投資方法も、投資時期、投資対象、投資方針などいろんな局面で失敗をするのでしょうが、それであきらめず、しっかり反省して次へ生かしたいと考えてます。
この何回失敗しても(九敗)あきらめず、愚直に続けていくことで最終的な目標を達成したい(一勝)という考え方と本の内容が結構近いと思ってブログタイトルに使わせていただきました。

レバレッジを効かせて一回の大もうけのチャンスを待つという投資ではないので、そういう内容を期待して当ブログへいらっしゃった方にはごめんなさい。

----------------------------------------------------
もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。
banner_01.gif


【書評】内藤忍の資産設計塾(実践編)
ウォール街のランダムウォーカーの次に目ウロコな本。


内藤忍の資産設計塾(実践編)


マネックス証券内藤忍氏の資産設計方法。
投資は資産設計の手段であることを痛感。

やはり戦略なき投資を反省しました・・・

今後の私のアセットアロケーションはこの本をベースにしていくことにしました。


↓↓もっとがんばれよと励ましていただける方はクリックお願いします。




【書評】ウォール街のランダム・ウォーカー
これまでの戦略なき投資を反省するきっかけになった本。


ウォール街のランダムウォーカー


・プロのファンドマネージャでもインデックスに勝てるのは半数以下。
・インデックスファンドをじっくり持っていればよい。

プロのファンドマネージャーより知識も経験も劣る私があれこれ手を出して考えるより、インデックス商品を買ってじっと我慢していればよい。

これってとっても楽な投資方法じゃないですが、しかも確実に平均点はとれる。私の求める「楽に」「確実に(ある程度)」資産を増やす方法にビンゴ!と思わず叫びたくなる内容でした。まさに目からウロコな体験でした。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。